即日で融資なら下記がオススメ!厳選した業者一覧。

即日で融資を受けるためにサービスの特徴をしっかりと理解して お申込みをしましょう。 情報不備があったり、入力間違いや虚偽の申告があったりすると 審査が進みづらくなるので、正しい情報を入力しましょうね!

1位: プロミス
即日融資※受付時間 実質年率 限度額
9:00-22:00まで
(※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。)
4.5%〜17.8% 1〜500万円
最短1時間融資が可能!
(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録すれば、24時間最短10秒で振込み可能)

WEB完結も可能!カード発行なしも選べます!
・最短30分審査
・ 最短1時間融資
・ ネットで24時間365日申し込み可能
・ 来店不要
・ 30日間無利息サービスがお得!(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

>>女性専用のプロミスはこちら
2位: アコム
即日融資受付時間 実質年率 限度額
店頭窓口
平日9:30〜18:00
(土・日・祝日休業)
むじんくん
8:00〜22:00
(土・日・祝日利用可)
4.7〜18.0% 1万円〜500万円
即日融資可能!最短30分!来店不要!

業界最大手で安心
・はじめての人におすすめ
・利用日数ごとで利息がお手ごろ
・アコムATMでも申し込み可
楽天銀行なら24時間振込み可能
※営業時間は一部異なる場合もございます。
3位: 新生銀行カードローン レイク
即日融資受付時間 実質年率 限度額
平日8:10〜21:00 4.5%〜18.0% 500万円
180日、30日の無利息期間が便利!

・ ニーズにより選べる2つの無利息期間
・ レイクの自動契約機ならカード発行は夜間も対応
・ 新生銀行グループのカードローンで安心
※即日融資の場合は、以下の時間帯までに申込みと必要書類の確認完了が必要になります。振込の場合:平日14:00まで/ 自動契約機の場合:平日21:00まで
4位: アイフル
即日融資受付時間 実質年率 限度額
9時〜21時 4.5%〜18% 500万円まで
最短30分審査!最大30日間利息が0円!

・ お急ぎ専用の方の電話受付あり
・ 無人契約機で電話するだけで契約OK
・ 無人契約機の営業時間は最大21時45分まで
初めての方は最大30日間利息が0円
5位: モビット
即日融資(※1)受付時間 実質年率 限度額
平日14:50まで 3.0〜18.0% 1万円〜800万円
WEB完結申込みで電話・郵送なし!早くて楽!

・ 電話連絡無しの申し込み方法あり
・ ローン申し込み機で即日カード受け取り
・ アルバイトやパート(※2)でも申し込みOK
※1 14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
※2 安定した収入がある方ならお申込いただけます。
6位: 三井住友銀行カードローン
即日融資受付時間 実質年率 限度額
9:00-21:00まで
(お申込時間等により、ご連絡が翌日以降になる 場合があります)
4.0〜14.5% 800万円
お近くのATMでいつでも借り入れ・返済が可能!

・ 最短30分で審査が完了
・ 銀行系カードローンで安心
・ 300万円以内のお申込なら、収入証明書の提出が不要
※即日融資ご希望のお客さまは、ローン契約機でカードを受取っていただく必要があります。
7位: スルガ銀行 カードローン
即日融資受付時間 実質年率 限度額
12時までに契約手続きを完了していればOK 3.9%〜14.9% 最大800万円
他行口座でも融資可能な点が好評。

・専業主婦でも借り入れOK
・他行の口座にも振込可能
・来店不要でプライバシー配慮

今月はこの会社がおススメ!

↓会社にも家族にもばれずに借りれます!

条件別で、すぐにお金を借りる


即日融資(※)ならココ!

今すぐにお金を借りたい時に便利なのが即日融資をしてくれる会社です。パソコンやスマホ、電話、店頭窓口などで申し込みが簡単にでき、審査、必要書類をファックスなどでの提出後にすぐに借りることが出来ます。即日融資(※)の場合、受付時間があるので注意が必要です。 急にお金が必要になった場合に書類の用意が出来ていないという場合でも収入証明書の提出が必要ない会社もありますのでチェックしてみてくださいね。即日融資(※)オススメはココ!

※14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

収入証明書不要ならココ!

急にお金が必要になり借りたいと思った時に書類の準備をするのは難しいですよね。準備に時間も掛かってしまいます。そんな時に収入証明書の提出が不要の会社もあります。審査によって必要になる場合もありますが、他の金融機関からの借入がない方、少ない方ならまず大丈夫です。すぐにお金を借りたい時に便利です。収入証明書不要オススメはココ!

来店不要ならココ!

お金を借りるというと窓口まで出向いて書類をたくさん書かされて・・・という面倒な手続きをイメージしがちですが、パソコンやスマホなどで簡単に融資の申し込みをすることが出来ます。審査はありますが、その待ち時間も最短30分程度と短時間です。わざわざお店を探して来店しなくても済むので時間も短縮できます。来店不要オススメはココ!

即日融資Q&A

Q. 銀行のカードローンは、即日融資をしてくれるのでしょうか?

A. 銀行のカードローンは、審査に時間がかかるケースがほとんどです。 該当の銀行に口座を持っていれば、即日で融資を受けられる場合もありますが、殆どの場合、審査に数日以上かかるケースが多いです。 また、消費者金融と比較した場合、若干、審査基準も厳しめという印象があります。 即日でお金を借りるなら、銀行のカードローンより、大手の消費者金融のほうが便利だし、少額の借入であれば、金利もそれほど変わらないことが多いでしょう。

Q. 仮審査って何ですか?

A. 仮審査とは、機会によって自動に行われる審査で、用意されたフォームに必要事項を入力して簡単にできる簡易審査となります。入力された情報を元に、借入が可能かどうか判断されます。あくまで仮審査ですので、本審査に通らなければ、お金を借りることはできません。条件のみでユーザーを絞り込む第一のフィルターですね。

Q. 本審査って何ですか?

A. 仮審査の後に、行われるのが、本審査です。こちらは、人的な審査となりますので、人間が手動で、本当に申込者にお金を貸して良いか?返済能力はあるのか?などをじっくり精査します。情報機関をつかって、他社に借入をしているか?返済は滞っていないか等、を調べますので、嘘を書いてもすぐにばれます。 この本審査に通ると、晴れて融資を受けることができます。

Q. 即日融資の場合、お金はどこで受け取るのですか?

A. そのカードローン会社のカードが使えるATMならばどこでも受け取ることができます。

銀行に設置されているATMでも良いですし、コンビニのATMでもOKです。

但し、気をつけたいのが即日融資の可能時間。即日融資可能なローン会社でも、24時間営業している訳ではありません。
即日融資可能な時間帯というのが決っています。その可能時間外に申し込んでも即日融資は受けられません。
コンビニATMは24時間使えるから大丈夫だろうと思ってはダメということです。
ちゃんと、各ローン会社の「即日融資可能時間帯」を調べてから申し込みましょう。

申し込みをしても、審査で時間が掛かる場合もあります。
「最短40分でカード発行」なんて謳っていても、それは本当にスムーズにいった場合の事です。
確実に即日融資を受けたいのであれば、午前中には申し込みをしておいたほうが良いでしょう。

Q. 会社や家にばれませんか?

A. ばれません。

融資の申し込みをする際に、行われるのが審査。本当に本人であるかどうかを調べるものです。
審査の一環として行われるのが在籍確認です。申し込みの際に提示した会社に本当に務めているのかを確認するものです。
ローン会社から勤めている会社に本人が在席しているか確認の電話がいくことがありますが、ばれる心配はまずありません。
ローン会社も自社の名前は一切出しません。
「○○というものですが、△△さんはいらっしゃいますか?」といった風に確認してくるので、会社にばれることはまずありません。

また、自宅に電話や郵送物が送られてきて、家族にばれることが心配な場合は連絡先を携帯電話にしましょう。
最近は連絡先が携帯電話でも融資が受けられるようになっています。
借りたお金の明細書もWEB明細にしておけば、自宅に明細書が送られてくることはありません。

自宅のパソコンで申し込むのであれば、家族に見られないように、しっかりとパスワードロックしておきましょう。

Q. いくらまで借りれるのでしょうか?

A. 各ローン会社によって違いがあります。

消費者金融などからお金を借りる場合、「総量規制」という法律が適応されます。
その内容は「借り入れ可能な金額は年収の3分の1に制限される」というものです。
この法律は消費者金融のみに適応されているので、銀行で融資を受けるのであれば総量規制には引っかかりません。
年収の3分の1以上のお金を借りることは可能です。
それでも、各銀行で借りられる限度額は定められています。500〜800万円くらいが限度ですね。それぞれの銀行で違うので確認してみて下さい。

また、学生・アルバイト・専業主婦といった安定した収入がない人の場合、借りられたとしても限度額は低めになっています。
多くても数十万円といったところでしょうか。100万円以上は借りられないと思っておいた方が良いでしょう。

いずれにしろ何百万円も借りられたとしても、それは返さなければならないお金です。
利息ももちろん発生するので、そこはしっかりと計算して、返済できる金額を借りるようにしてください。

Q. 他社にも借りてますが借りれますか?

A. 他社に借り入れがあり、ローン返済中。それでも他社から借りられるかどうかということに対しては「借りることは可能」という答えになります。

基本的には総量規制に引っ掛からなければ、数社から借りることは可能です。

しかし、現在借り入れているローン会社以外の、新たに借り入れようとしているローン会社がOKを出すかどうかは、その会社によって違います。
融資OKの会社もあれば、融資NGのローン会社もあることでしょう。
お金を貸すローン会社にとっては、「すでに融資を受けているのに、なぜさらにお金が必要なのか」というのは大きな問題となります。
すでにローンの借り入れがあるのに、さらにお金を借りようとしているということは、よっぽどお金がないんだという印象になります。
そのような人にお金を貸すのであれば、よっぽど信頼していないと貸せません。審査も厳しくなることでしょう。
ローン会社もお金を貸したはいいが、返ってこなければ貸し倒れになってしまいますからね。

複数のローン会社に申し込むのは原則可能ですが、今後のローン会社との信用問題のことを考えると、あまりおススメできません。
いっそ一社で限度額まで借りるほうが良いかもしれませんね。

Q. 二社同時に申込しても大丈夫ですか?

A. ハッキリ言って大丈夫ではありません。

個人信用情報機関というものがあります。ここではローンを利用している人の個人情報が集められています。
カードローン会社は、お客様からローンの申し込みを受けると、まず個人信用情報機関に照会をかけます。
その際に判明するのが「他社での借り入れ状況」「返済状況」「過去にブラックになったことはないか」などです。
これらの情報によって融資をしても大丈夫な人なのかを判断します。

また、ローン会社が個人信用情報機関に照会をかけることで、その人の状況が登録されます。
新規で申し込みをしているのであれば、「申し込み中」といった感じに記録が残ります。

さて、二社同時に申し込みをした場合、それぞれのローン会社が個人信用情報機関にその人の情報を照会をします。
双方のローン会社がその人の申し込み状況を知ることとなりますね。
そこで自社だけでなく、他社からも借り入れようとしている事実が知られます。
「自社だけでなく、他社からも借りようとしている・・・」そのことが判明することによって
「よっぽどお金がないのか」「他社で断られたのか」といった悪印象が生まれてしまいます。
信用すべきかどうかを疑問視されてしまうんです。

そうなると融資を受けられる可能性は低くなります。二社同時に断られることも実際にあります。
確実に融資を受けたくて、同時申し込みしてしまいたくもなります。
しかし同時申し込みは、融資を受けられる可能性がグンと低くなってしまうので、やらないほうが良いでしょう。

Q. アルバイトでも借りれますか?

A. 基本的には可能です。

アルバイトでもローンを借りることは出来ます。

但し、日雇いや短期バイト、またはアルバイトを始めたばかりといった場合は、融資を受けるのは難しいかもしれません。
実際にアルバイトでも融資を受けられる人と、受けられない人とがいます。その判断基準になるのが「安定した収入があるかどうか」ということです。
日雇いや短期バイトの場合、収入は安定しませんよね。バイトがなければ収入は見込めないわけですから。
また、新しくバイトを始めたとしても、そのバイトが継続するかどうかもまだわからない状況です。すぐにアルバイトを止めてしまうかもしれません。
そのように安定した収入が見込めない場合は、ローン会社から融資を断られてしまうこともあります。

反対にアルバイトであっても勤続年数が長く安定した収入があれば、審査も通りやすくお金を借りることは出来ます。
一度審査に落ちてしまうと、個人信用情報機関に記録が残ってしまい、その後の借り入れに影響が出てしまいます。
そうならないためには、まずは各ローン会社の窓口で相談してみましょう。
そこで、アルバイトでも融資か可能だと判断されてから、申し込むようにすると良いでしょう。

Q. はじめてカードローンをするのですが恐くないですか?

A. はじめてのカードローンということで、恐いと思われているようですが、心配無用です。
心配や疑問などが少しでもあると、どうしても恐いと思ってしまうこともあるでしょう。
そのような場合は、カード会社が設置しているフリーダイヤルを利用してみるのもいいでしょう。
金利のこと、家族や会社にばれないか心配、お金を貸して貰えるか?など、具体的な質問にも相談に乗って貰えます。
以前のカードローンに比べると、借り方も返し方も私たち利用する側にかなり便利になっていますし、配慮が行き届いているので心配はありません。
借りてみたら、「思ったより簡単だった」と思う人がほとんどです。
特に、多くのことが気になったり、配慮してほしいことがたくさんあるという場合、大手の消費者金融はこのような面には充分過ぎるくらいに配慮が行き届いています。

Q. なぜ大手の消費者金融がおすすめなのでしょうか?

A. 大手の消費者金融には、他にないサービスが満載ですし、満足度も高いので自信を持ってお勧めできます。
大手といっても、複数の業者が存在していますが、その中でも中小の消費者金融ではあまり見られないサービスがあることが特徴としてあります。

▲無金利期間がある(はじめての方のみ)
▲郵送物なしのサービス、電話連絡なしのサービスがある
▲返済時の方法も多彩、手数料が無料の方法も多い
▲フリーダイヤルでの問い合わせができる
▲女性専用コールがある

などなど・・・この他にもたくさんのサービスができるのは、私たち顧客の満足度を重要視しているからこそです。
あらゆる場合を想定して、利用する私たちに柔軟に対応してくれるのが、大手の消費者金融です。

Q. ダイレクトメールなどでみかける即日融資の広告は信用できますか?

A. 「即日融資」お金を少しでも早く借りたいという人には、この広告はインパクトも大きく、興味をそそられるものでしょう。
しかし、このような広告を信じてお金を借りたら、そこは闇金だったという話はたくさんあります。
では、どこで信用できるかそうでないかを見極めたらいいのでしょうか。
一般的に、次のような場合は怪しいと思っておいた方がよさそうです。

▲締切が短い先着○人まで!というような融資の方法。(考えさせる期間を与えない)
▲大手の消費者金融と関連がある?と思わせるような会社名(実際は関連がないことがほとんど)
▲ブラックの方、どこに行っても断られた人でもOK(闇金のおきまり文句)
▲教えていないのに、あなたの住所や名前などを知っている(ネットを通じて個人情報が流出)

などがあります。最後の個人情報についてですが、借金のサイトへ無料登録などをするとあなたの個人情報が闇金に流れてしまいます。

Q. 来店不要の即日融資も可能ですか?

A. 来店不要の即日融資について、行っている消費者金融ももちろんあります。
この場合は、まずはWEB完結のパターンということになりますので、パソコン、スマホ、携帯などが必要です。
外出先でも手続きが可能です。
では、来店不要でどのようにして現金を手にできるのか?ということになりますが、これはいつもあなたが使っている銀行の口座に振り込まれます。
メガバンクの口座ですと、多くは対応可能でしょう。
その他には、消費者金融には来店しなくていいものの、無人契約機に出向くというパターンもあります。
消費者金融の借り入れや返済で使うカードが発行されるところもあれば、それさえも無いというパターンで借り入れできる消費者金融もあります。
それぞれの消費者金融によって、借り入れの方法にも違いがあります。

Q. 何時までに申込みすれば即日融資してもらえますか?

A. 即日融資については、14時までの申し込みという規定を設けていることが多いようです。
これは、銀行振込に反映される時間が平日の15時までというところが多いからと言えます。
しかし、消費者金融側は借り入れ申し込みは24時間対応で行っているところが多いので、事前に分かっていれば早めに申し込むのがポイントです。
できれば、当日の午前中までには申し込みを終了させておくと、余裕を持って対応できますね。
はじめての場合は、身分証明書の提出などで画像が鮮明でなかったりすると、再度提出をお願いされますが、このようなことで時間が掛かってしまうことが多いようです。
書類の不備があれば、借り入れも遅くなってしまいます。
何事もなく、スムーズに借り入れができるとは限りませんので、時間的余裕が求められるのです。

Q. どうやって返済するんですか?

A. お金を借りれば、返済をしなければなりません。
返済の方法については、それぞれの消費者金融などで違いがあり、多様な方法を準備しているところもあれば、そうで無いところもあります。

【振込】
指定口座や、専用のカードを使って振り込む方法。
銀行ATM、コンビニATMを利用する場合の振込手数料についても、無料の場合もあれば費用が発生することもある。
無人契約機を利用することもある。

【引き落とし】
あらかじめ決められた銀行口座から自動的に引き落としされる方法。日にちについては、消費者金融側で決まっている場合もあれば、2〜3の中から好きな日を設定できるという消費者金融もある。

【来店】
店舗に出向いて返済する方法。手間も時間もかかる上に、誰かに見られる場合もあるので利用しない人が多い。

多くはこのような方法から返済されることが多いようです。毎月決まった返済額以外も余裕があるときは、振込を利用して多めに返済することも可能です。

Q. 返済が遅れるとどうなるの?

A. 返済日を分かっていて、今月はどうしても間に合わないという場合は、事前の連絡は必ずしましょう。
返済日の変更、もしくはこれからの返済について計画を見直すこともできます。
何の連絡もないまま、返済日に返済が行われないとどうなるのか気になりますが、電話やハガキで返済の催促があります。
まだこの段階では、消費者金融と分かるような連絡補法は取られないのが一般的です。
それでも返済が行われないという場合ですが、催促状が届くのが一般的です。
いくら郵便物が来ないというルールで借り入れをしたとしても、ここまで来ると催促状が来ることにより、家族にばれてしまう可能性が高くなります。
これ以上の段階になると、取り立て、一括返済を請求される、給料が差し押さえとなる・・・というようなことになります。

Q. 無利息サービスとはなんでしょうか?

A. 無利息サービスとは、大手の消費者金融で行われているサービスです。
はじめての借り入れのときだけのサービスとなりますが、一定期間(30日間が多い)金利が掛からないことを指します。
無利息サービスを行っている消費者金融ではじめての借り入れをする場合には誰でもこのサービスを受けられるわけではありません。
サービスを受けるには、その消費者金融によって条件があります。(借り入れ方法の指定やメールアドレス登録など)
とはいっても、難しい条件ではありませんので、このサービスが受けられるのであれば受けることをお勧めします。
もし、無利息期間内に全額返済できるのであれば、金利は0円ということになりますし、見逃すのは勿体ないサービスです。

Q. 融資を受けるために必要な書類を教えてください

A. はじめての融資を受けるために必要な書類がいくつかあります。

【身分証明書】
▲運転免許証
▲保険証
▲パスポート
▲住基カード(顔写真入りが望ましい)
▲外国人登録証明書
▲在留カード
▲特別永住者証明書
上記のものが身分証明書として認められています。(詳細は各消費者金融による)
一般的に、顔写真入りの証明書の方が提出書類として望ましいと言えます。

【収入証明書】
▲源泉徴収票
▲確定申告書
▲住民税決定通知書
▲所得証明書
▲給与証明書(直近2か月、もしくは3か月分を求められる。勤務先名、氏名、総支給額、発行年月が必要)
借り入れの条件によっては、契約前にこれらの書類が必要なことも。

多くの場合は上記の書類が必要となります。

Q. 審査に通るためのコツはありますか?

A. 審査に通るためのコツは、丁寧な対応をすること、これにつきます。
WEB上の取引、電話での申し込みなど、直接顔を合わせての審査でない分、細かな面が見られていると思っておいた方がよさそうです。
在籍確認がある場合ですと、しっかりとした口調で誠実な印象を与えるような話し方がいいでしょう。
また、借入希望額を低めにするということも審査に通りやすくなるコツのひとつです。
申込期日については、月末の方が審査に通りやすいとも言われています。これは、消費者金融によっても違いがあるようですが、営業成績との関連があるようです。
また、決算月が近づくと審査がやや甘くなるという話もあります。
その他、収入が安定していたり、勤続年数が長いと審査にも通りやすくなります。

このページのトップに戻る